2008年07月14日

弓具の紹介

今日は弓具の紹介。
弓1つ組み上げるのに様々なパーツとプロセスがあります。
パーツはこれだけあります。
アーチェリーパーツ各種

まずハンドルを用意します。
組み立ての流れ1

次に両端にリムをはめます。
上下があるので要注意。
組み立ての流れ2

弦を張ります。
弦にも上下があるので注意が必要です。
組み立ての流れ3

次にエクステンションロッドをつけます。
ボクのは少し長めの5インチです。
組み立ての流れ4

エクステンションロッドの先についたVバーと呼ばれる部分にサイドロッドをとりつけます。
ダブルロッドともいいます。
組み立ての流れ5

次にプランジャーをつけます。
これは人間でいうと肝臓にあたる重要な部品。
組み立ての流れ6

次にサイトバーをつけます。
組み立ての流れ7

サイトバーにサイトボックスをつけます。
距離に応じてこれを上下左右させます。
組み立ての流れ8

最後にセンターロッドをつけます。
組み立ての流れ9

これで完成。
組み立ての流れ10


人によって作り方、パーツは違います。
ボクの場合はこんな風に作りますね。
これが一番スムーズに作れるので。
外すときはこれを逆転させます。

ボクの弓は相当使い込んでます。
10万射は余裕で越えてますね。
下手すれば20万射いってるかも。
そこまで使うと買い換えるべきなんですが。


posted by yama3 at 05:00| Comment(4) | TrackBack(0) | アーチェリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
複雑すぎて、く・・・組み立てられないっ!
Posted by toranporinmama at 2008年07月15日 16:53
>toranporinmamaさん
いやいや、慣れてしまえばそーんなに難しいものでは無いのですよー
Posted by yama3 at 2008年07月15日 19:29
全部で何Kgになりますか?

自分の弓は2kg+αくらいにおさえたいのです。
リムの重さは平均何gと考えればよいでしょうか?
自分のハンドルはへリックスで1350gです。スタピライザー等々は検討中です。
Posted by kiyosi at 2008年12月09日 23:07
>kiyosiさん
リムの重さがどれくらいあるかはわかりませんが、総重量としては2.5kgくらいかなと思います。
個人的な感覚ですが、やや重い方が弓が安定するかなっと思います。
Posted by yama3 at 2008年12月10日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。